top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

投桐透鍔(鐔) 無銘 古赤坂

”Paulownia”

1000_1000.fw.png

Ko akasaka

投桐透鍔(鐔) 無銘 古赤坂
江戸時代前期 武蔵国江戸

鉄地菊花変り形地透毛彫
縦:80mm 横:74.2mm
切羽台厚さ:7.7mm
耳際厚さ:8mm強
特製桐箱入

特別保存刀装具鑑定書

First Edo period
Musashi province Edo

Iron base

Height: 80mm
Width: 74.2mm
Thickness at seppa dai : 7.7mm
Thickness atrim : 8mm

tokubetsu hozon certificate

-

円(税込)

特別保存

721

 時代の上がる赤坂鐔特有の大振りで頗る厚手の造り込みであるにもかかわらず、すっきりと垢抜けた印象なのは優れた意匠故であろう。鋸の歯のように鋭い彫口の葉を下に配し上部は柔らかに揺れる桐の花。それらを囲むのは不規則に変化する菊花形の耳という硬軟の見事な調和である。良く鍛えられた地鉄は力強く錆色も深い。
bottom of page