投桐透図鐔 無銘 赤坂忠重

Tadashige

 肥後金工西垣勘四郎の投桐に赤坂忠重が挑み、見事にその美観を再現した極上の作。黒々とした鉄肌に筋状の細い鉄骨が耳から葉にかけて所々に現れて力強い景色となっており、掌中にあっては滑らかな質感が指先に伝わり来る。枝が揺れ葉の揺れている様子が、茶室の丸窓に映って見える…そんな静寂な時間の移ろいを感じさせる作品である。 
特別保存刀装具鑑定書(赤坂忠重)

特別保存

-

円(税込)

投桐透図鐔 無銘 赤坂忠重
投桐透図鐔 無銘 赤坂忠重