左右雪笠透図鐔 無銘 柳生

Yagyu

 鍛え強く固く叩きしめられた鋼は柳生鐔の本性。柳生鐔は、柳生連也厳包が新陰流剣術の極意を鐔の図案に表し、尾張鐔工に製作させたものと言われている。小振りに引き締まって、実用に適した構造の本作は、その合せ鍛えの層状の景色が耳の周囲に現れて靭性の高さが窺え、さらに地面にも鍛えの痕跡が遺り、鐔全体が穏やかな鉄骨のように感じられる。意匠は雪を被った笠を想わせる櫃穴のみ。簡潔な透かしながら、武に通じる意味を備えているように思われる。

保存

350,000

円(税込)

左右雪笠透図鐔 無銘 柳生
左右雪笠透図鐔 無銘 柳生