top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

左右雪笠透図鐔 無銘 柳生

Tsuba "Sayu Kasa" sukashi no sign: YAGYU

1000_1000.fw.png

Yagyu

左右雪笠透図鐔 無銘 柳生
江戸時代中期 尾張国
鉄地丸形地透
縦 70.4mm 横 69.9㎜ 切羽台厚さ 5㎜
特製落込桐箱入
保存刀装具鑑定書(柳生)

Early Edo period / Owari province
made of iron
Height : 70.4mm
Width : 69.9mm
Thickness : 5mm
Special Kiri Box
Hozon (Yagyu)

-

円(税込)

保存

150

 鍛え強く固く叩きしめられた鋼は柳生鐔の本性。柳生鐔は、柳生連也厳包が新陰流剣術の極意を鐔の図案に表し、尾張鐔工に製作させたものと言われている。小振りに引き締まって、実用に適した構造の本作は、その合せ鍛えの層状の景色が耳の周囲に現れて靭性の高さが窺え、さらに地面にも鍛えの痕跡が遺り、鐔全体が穏やかな鉄骨のように感じられる。意匠は雪を被った笠を想わせる櫃穴のみ。簡潔な透かしながら、武に通じる意味を備えているように思われる。
bottom of page