対龍牡丹梅図鐔 無銘 平戸

江戸初期 肥前国平戸
真鍮石目地木瓜形高彫金色絵
縦74mm 横76.2mm 切羽台厚さ3mm
阿弥屋惣右衛門箱書
上製落込桐箱入

Hirado

 打ち出しが強く肉高い身体とされた龍神。異形の姿と巴状に構成するのは南蛮の影響を受けているためで平戸金工と極められ、地面に打ち施した石目地が七宝繋の文様で個性的。量感豊かな龍神の身体を包む鱗は鏨の打刻文で古風な味わいがあり、背骨と鰭の成す曲線が印象的で迫力がある。真鍮地金は年月を経て色合いが渋く、施された金色絵の一部が剥がれ、あるいは黒漆が鏨の底に残ってこれも凄味がある。異国の趣を湛えた平戸の、貴重な江戸初期の古作である。

保存

250,000

円(税込)

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード
© Copyright Ginza Choshuya