宝袋透七宝象嵌鐔 無銘 武州

江戸後期 武蔵国江戸
鉄地丸形鋤彫地透金線七宝象嵌
縦77.5mm 横75.8mm 切羽台5.3mm
特製落込桐箱入

Bushu

 平田道仁が再興した七宝技術は、江戸時代も降ると平田家以外の金工も取り入れるようになり、表現手法が多様化と活性化を極めた。武州鐔工は、鉄地に正確な構成で高彫表現するを得意とした。ここに七宝を加味すると、本作のような品の良い空間美が生み出される。宝袋の口を左右の櫃穴に意匠し、市女笠、宝袋、巻物、裏には隠れ蓑と紅白の餅であろうか、いずれも金線で縁取りした多彩な色の組み合わせになる七宝象嵌で表している。

特別保存

-

円(税込)

宝袋透七宝象嵌鐔 無銘 武州
宝袋透七宝象嵌鐔 無銘 武州