宝尽透図鐔 銘 赤坂正則作

江戸後期 武蔵国江戸 
鉄地八ツ木瓜形毛彫地透 
縦72mm 横71.4mm
切羽台厚さ5.8mm
上製落込桐箱入

Masanori (Akasaka)

 江戸に栄えた赤坂鐔工は、肥後金工や土佐明珎派にも影響を与えている。この正則は赤坂忠則の門人とみられ、本作の地鉄鍛えや地透の構成などには赤坂鐔の特徴が顕著に現れている。さらに、繊細な隠れ蓑の糸透には武州鐔工の特徴も見出せる点が興味深い。図柄は我が国伝統の宝尽し。地鉄は色合い黒々として光沢があり、耳には層状の合わせ鍛えの肌が鮮明に現れ、筋鉄骨のように起伏がある。 

保存

220,000

円(税込)

宝尽透図鐔 銘 赤坂正則作
宝尽透図鐔 銘 赤坂正則作