宇治川先陣透図鐔 銘 藻柄子入道宗典製 江州彦根住

江戸中期 近江国彦根
鉄地真丸形肉彫地透象嵌金覆輪
縦横80mm 切羽台厚さ5mm
上製落込桐箱入

Soten

 京の木曽義仲を攻略すべく宇治川に陣を構えた義経軍。先陣を果たそうと渡河を試みる梶原景季と、これを追う佐々木高綱。『平家物語』に採られているこの名場面を、宗典独特の描法で臨場感豊かに表現した作。金銀の象嵌技法は巧みで、顔の描写も精巧。

特別保存

350,000

円(税込)

宇治川先陣透図鐔 銘 藻柄子入道宗典製 江州彦根住
宇治川先陣透図鐔 銘 藻柄子入道宗典製 江州彦根住