四方瓢透図鐔 無銘 金山

室町時代 Muromachi period
鉄地木瓜形地透 mad of iron
縦68.2mm at Length 横68.9mm at Width
切羽台厚さ5mm at Thickness
上製落込桐箱入 Special Kiri Box
特別保存刀装具鑑定書(金山)
"Tokubetsu-hozon" (Kanayama)

Kanayama

 簡潔な透かしが魅力の金山鐔。片手打の刀に装着して操作性を追求したものであろう、小振りに引き締まったこの鐔は、鉄色黒々として光沢が強く、鍛えた鎚の痕跡が残る耳の所々に穏やかな鉄骨が現れ、ねっとりとした質感が掌に伝わりくる。図柄は大小の円の組み合わせからなる瓢箪。この図は瓢箪鯰のように禅に通じることから好まれたものであろう。切羽台に刻まれた寄鏨の痕跡も、実用の時代を経てきたことを示して迫力がある。

特別保存

400,000

円(税込)

四方瓢透図鐔 無銘 金山
四方瓢透図鐔 無銘 金山