双牛透図鐔 無銘 庄内

Shonai school

 頭の牛を巴状に構成した、庄内金工と極められている鐔。この地域の金工は、東北や遠国という認識が当てはまることのない瀟洒な作品を遺している一方で、この鐔のように武骨でありながらも長閑な風情を感じさせる作も生み出しており、名のある金工以外にも地方色豊かなところに魅力が見出せる。特にこの鐔は、素銅地が持つ柔らか味と、光沢のある肌合いなどが見どころ。くっきりと浮かび上がった背骨、強く張った肩と腰、艶やかな目玉も活きている。図柄の面白さは格別で、裏は寝そべる牛を下から眺めた様子。

保存

350,000

円(税込)

双牛透図鐔 無銘 庄内
双牛透図鐔 無銘 庄内