top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

勝虫透塔橋図鐔

1000_1000.fw.png

無銘 鎌倉

Dragonfly open work, pagoda and bridge motif tsuba

Unsigned Kamakura

No.

940

勝虫透塔橋図鐔 無銘 鎌倉

特別保存

400,000

円(税込)

鉄槌目地丸形鋤出彫陰透鋤残耳
縦:89.9mm 横:90.2mm
切羽台厚さ:2mm強
耳際厚さ:2mm
上製桐箱入

Late Muromachi period
Iron
Height: 89.9mm
Width: 90.2mm
Thickness at seppadai: 2mm
Thickness at mimi (rim): 2mm
Kiri box

 大振りで極めて薄手、しかも無櫃の本作は地を鋤いた浮き彫りに鋤残耳。陰透の周囲も鋤残して小縁とした典型的な鎌倉鐔である。塔の前にあるのは山門であろうか。屋根瓦の列を大きな片切彫で表現している。これは時代の上がる鎌倉鐔に見られる見所の一つ。極端に大きな勝虫の陰透が半円を占め、もう半分には塔や鳥居、擬宝珠のついた橋、梅の花や四阿が大和絵の雲のような意匠化された松に囲まれて展開している。叩き締められ数百年の時を経た地鉄は指で弾くと心地良い乾いた音がする。鎌倉鐔の魅力が凝縮された一鐔である。
  • Facebook Social Icon
  • 日本刀専門店 銀座長州屋
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの
bottom of page