一ノ谷合戦透図鐔 無銘 彦根

江戸後期 近江国彦根
鉄地丸形肉彫地透象嵌
縦80.7mm 横79.5mm 切羽台厚さ5.5mm
上製落込桐箱入

Hikone

 福原の平家を攻撃する源氏軍。鵯越の急坂を下って背後から攻撃を仕掛けたのは義経。この歴史的場面を独特の肉彫で表現した作。藻柄子宗典に代表される彦根鐔工は、和漢の歴史人物や合戦談をパノラマのように構成するを得意とした。

保存

-

円(税込)

一ノ谷合戦透図鐔 無銘 彦根
一ノ谷合戦透図鐔 無銘 彦根