202

​縁頭

蝦蟇仙人図縁頭 銘 葛龍軒直親

 直親は清兵衛と称し、浜野矩随に学んだ遠山直随の門人。江戸時代の歌舞伎などで人気のあった『自来也』は、この蝦蟇仙人を発展させた物語。武家においては古典に学ぶところがあり、また仙人図も広く好まれたことから、鉄拐仙人図などと共に装剣小道具に描かれることが多い。この縁頭は、色合いに深みのある朧銀地を肉高く彫り出し、あるいは鋤彫に色絵を加えて立体感を高め、浜野派独特の人間味のある描写としている。

特別保存

-

​円(消費税込)
蝦蟇仙人図縁頭 銘 葛龍軒直親