top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

1000_1000.fw.png

枝菊図縁頭 銘 安政三丙辰夏 玉川美久(花押)

Yoshihisa

"Eda-giku" (Chrysanthemum)

江戸後期安政 四十九歳作 
百六十六年前 常陸国水戸
赤銅石目地高彫色絵
縁三八・五㍉ 頭三四・八㍉
上製落込桐箱入
特別保存刀装具鑑定書

Ansei 3 (A.D. 1856, late Edo period)
Mito, Hitachi province
Shakudo
Fuchi size : 38.5mm Kashira size : 34.8mm
Kiri box
"Tokubetsu-hozon" by NBTHK

特別保存

300,000

円(税込)

縁頭

1039

 四代目玉川美久は喜兵衛(喜平)と称し、文化五年の生まれ。三代美久に学んで技量が評価され、その養子に迎えられた名工。金の菊花に生命感を与えたこの縁頭は、赤銅地を石目地に仕上げ、その渋い光沢の中に花開く様子を繊細緻密にしかもくっきりと彫り描いている。江戸時代後期、菊作りは各地で大流行し、幾多の改良種が人々の目を楽しませた。この菊花も花弁が長く量感があり、辺り一帯に品のある香りを漂わせているであろう様子を見事に再現している。
枝菊図縁頭 銘 安政三丙辰夏 玉川美久(花押)
bottom of page