top of page

日本刀の販売 買取のご相談は日本刀専門店銀座⻑州屋

月時鳥に仕丁図縁頭 銘 長常(花押)

Nagatsune

1000_1000.fw.png

"Tsuki, Hototogisu ni Shicho"(Cuckoo and Servant in the moonlight night)

江戸時代中期 山城国京都
朧銀石目地高彫平象嵌色絵
縁 36.9mm 頭 33.1㎜
上製落込桐箱入
特別保存刀装具鑑定書

mid Edo period
Kyoto, Yamashiro province
Oboro-gin
Fuchi size; 36.9mm Kashira size; 33.1mm
Special Kiri Box
Tokubetsu hozon

特別保存

-

円(税込)

縁頭

20

 夜明け前の白んできた空をふと見上げると、時鳥の陰影が過ぎる。片切彫平象嵌や高彫色絵象嵌の手法が殊に優れた一宮長常の、古歌に題を得たものであろうか情感溢れる作品。朧銀地を平滑に仕上げ、時鳥を目で追う仕丁の姿を微妙な高彫ながら立体感に溢れる優れた描写とし、時鳥は鋤彫と毛彫。まだ朧な山陰は片切彫、松樹の陰影は片切彫に赤銅の平象嵌、三日月は銀の平象嵌。人物の顔を素銅で彫り出し、目の動き、皺や髪の毛まで丁寧に彫り表しており、殊に半ば口を開いた様子は、あっという声さえも聞こえそうな描写である。
月時鳥に仕丁図縁頭 銘 長常(花押)
bottom of page