月時鳥に仕丁図縁頭 銘 長常(花押)

​縁頭

 夜明け前の白んできた空をふと見上げると、時鳥の陰影が過ぎる。片切彫平象嵌や高彫色絵象嵌の手法が殊に優れた一宮長常の、古歌に題を得たものであろうか情感溢れる作品。朧銀地を平滑に仕上げ、時鳥を目で追う仕丁の姿を微妙な高彫ながら立体感に溢れる優れた描写とし、時鳥は鋤彫と毛彫。まだ朧な山陰は片切彫、松樹の陰影は片切彫に赤銅の平象嵌、三日月は銀の平象嵌。人物の顔を素銅で彫り出し、目の動き、皺や髪の毛まで丁寧に彫り表しており、殊に半ば口を開いた様子は、あっという声さえも聞こえそうな描写である。

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード