大森彦七図縁頭 銘 親随

​縁頭

 平石親随は奈良派と浜野派に学んで双方の作風を採り入れ、魅力ある作品を遺している。活躍の場は越中国富山で、明治に入ってから高岡で銅細工に従事したという。この縁頭は、正確で写実的な描写と、動感豊かな構成から生み出される迫力が要点。朧銀地を肉高く彫り出し、歌舞伎の一場面や浮世絵を見るように人物を組み合わせ、鬼女と大森彦七を主題とすることから生命感と表現するのは当たらないかもしれないが、細部まで丁寧な処理で生気に溢れている。見どころは高彫だけでなく、要所に施された平象嵌も繊細で美しい。
保存刀装具鑑定書

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード