千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

黒漆塗鞘脇差拵 附脇差 大磨上無銘 寿命

桃山時代

天正

美濃国

Toshinaga

 式正に則った大小一腰とされた内の脇差拵。掟通り鐺を丸く仕立てた鞘は黒漆塗が艶やかに輝いて美しい。栗形、返角、裏瓦は春爛漫の桜花図で、鞘と赤銅魚子地の漆黒に金色が鮮やかに映える。縁頭は赤銅磨地に所持者の家の亀甲唐花紋散図で、これも黒に金の対比をなし、見栄えと格調の高さを演出している。拵に納められた二尺程の刀を大磨上とした無銘の脇差は、天正頃の壽命(としなが)とみられる一振。
黒漆塗鞘脇差拵 附脇差 大磨上無銘 寿命
黒漆塗鞘脇差拵 附脇差 大磨上無銘 寿命