千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

青貝微塵変り塗鞘脇差拵

江戸時代

-

-

Aogai mijin kawari nuri saya wakizashi koshirae

 脇差ほどの寸法の鞘に短刀を忍ばせる拵様式がある。抜刀の容易さと、相手を油断させる効果を求めたのであろう。本作はこの典型。冴えた瑠璃色糸を平組みにして茶糸で唐花文を織り出した柄糸を用い、豊穣の象徴でもある稲束図目貫を巻き締めている。小柄も奇抜な枝梅を桶に活け込んだ早春の風景図。鐔は三日月を見上げる兎と周囲の気配に耳を聳たせる兎の愛らしい二羽を川辺に片切彫で彫り描いた作。
青貝微塵変り塗鞘脇差拵
青貝微塵変り塗鞘脇差拵