千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 隠岐国住沖光作之 平成二年二月日

平成

平成二年

島根県

Okimitsu

 沖光(おきみつ)刀匠は昭和三年生まれで、本名を原寛という。打刃物業「隠岐沖光刃物」を営む父角太郎の傍らで鍛冶の手伝いをして育ち、長じて鍛刀技術を修得。戦中は陸軍受命刀工を拝命した父を援けて刃味優れた軍刀を鍛造し、戦後は、打刃物の家業に励む傍ら、備前古作、わけても鎌倉時代の長光を研究し、互の目丁子出来の作を手掛けている。
 表題の脇差は現代刀には珍しい鎬造で、沖光刀匠得意の長光写しの一振。
銘 隠岐国住沖光作之 平成二年二月日
銘 隠岐国住沖光作之 平成二年二月日