千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

太刀

銘 越後国義光 昭和六十二年八月吉日

昭和

昭和六十二年

新潟県-東京都

Yoshimitsu

 大野義光刀匠は吉原義人師に入門し、昭和五十年の新作名刀展で国宝の一文字吉房を念頭に置いた太刀を初出品して奨励賞を受賞。翌五十一年に郷里新潟に鍛冶場を設ける。師伝を基礎に備前伝に挑戦、上杉家伝来山鳥毛一文字の重花丁子乱刃の研究が成果を結び、五十六年以降は高松宮賞などの特賞を連続受賞し、六十二年に無鑑査に認定されている。
この太刀は、義光刀匠が追い求めた山鳥毛一文字を彷彿とさせる重花丁子の華やかな作
銘 越後国義光 昭和六十二年八月吉日
銘 越後国義光 昭和六十二年八月吉日