top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

銘 資正(加賀四郎)

室町時代後期

(永正頃)

和泉国

Sukemasa (Kaga Shiro)

 泉州堺を鍛刀の地とする加賀四郎派は、加賀を本国とする光正や、備後の出と伝える正清などを初期の刀工として室町時代中期に栄え、資を通字として資正、資次、資貞、資重、資綱、資利、資永、資則、資光など十指に余る工がみられるが、最も著名なるは資正である。古書には村正門とあるが、一方で、古来時代を室町初期から中期とする説があり、あるいは昔日そのような年紀入りの遺例が存在していたものであろうか。
銘 資正(加賀四郎)
youtube_rogo.png
銘 資正(加賀四郎)
bottom of page