千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 賀州住兼若(四郎右衛門)

江戸時代前期

延宝頃

加賀国

Kanewaka

 三代目兼若は延宝五年に先代が没する以前からその代作を勤めていたほどに技量が高く、宝永四年までの作刀が遺されている。作風は兼若の代名詞ともいえる箱乱、砂流しを配した洲浜乱、玉を焼いた涛欄乱風湾れ刃、逆丁子乱、小互の目丁子乱、互の目乱、直刃もあり、いずれも抜きん出て優れ、『加州新刀集』では「刃文の巧妙は歴代兼若中随一」と高く評価されている。
銘 賀州住兼若(四郎右衛門)
銘 賀州住兼若(四郎右衛門)