千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 豊後守源正全

江戸時代前期

寛文

尾張国

Masayasu

 徳川親藩の筆頭尾張藩は中京地方の守りを自認し、兵法指南役に柳生兵庫、連也斎の剣客を招いており、藩士の尚武の気風も強く武術道場が賑わいをみせた。刀槍への要求も高く他国より優工が多数来住し、氏房、信高、政常らを筆頭に、正全などが競って鎚を振るった。豊後守正全は本名を石田善左衛門尉といい、美濃の出で名古屋城下に居住。寛文四年四月二十五日に豊後大掾を、後に豊後守を受領した、尾張を代表する刀工の一人。
銘 豊後守源正全
銘 豊後守源正全