千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 舞鶴友英作 慶応二年八月吉日

江戸時代後期

慶応二年

河内国

Tomohide

 寸を短く身幅広く大鋒に仕立てた特異な姿。その背景には幕末期動乱の時代、寺田屋事件、池田屋事件をはじめ、室内での斬り合いの増加がある。柄は極めて短く、室内においての利便性を想定していることは明らか。鎬地の肉が大胆に削ぎ落されて鎬筋立ち、刃の通り抜けの良さを感じさせ、操作性、頑健さ、切れ味の三拍子揃った剛の一振。
 友英は河内国狭山藩北条家の刀工。
銘 舞鶴友英作 慶応二年八月吉日
銘 舞鶴友英作 慶応二年八月吉日