千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 神妙 手柄山甲斐守正繁 文政三年八月日 於浪華作之

江戸時代後期

文政三年

武蔵国

Masashige

 会心作のみに刻したと伝える「神妙」の文字のある一振。老中松平定信が天明八年に行った大坂刀工の試刀で見いだされた氏繁は、定信に召し抱えられ、江戸神田駿河台に住み、正繁と改銘した。地鉄は無類に詰んだ小板目肌、刃文は得意とした濤瀾風大互の目乱。茎の平地、棟に香包鑢が丁寧に掛けられている。
銘 神妙 手柄山甲斐守正繁 文政三年八月日 於浪華作之
銘 神妙 手柄山甲斐守正繁 文政三年八月日 於浪華作之