千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

銘 眠龍子寿実 文化九年二月日

江戸時代後期

文化

因幡国

Toshizane

 眠龍子壽實は藩工濱部壽格の子で、安永六年鳥取城下の生まれ。寛政八年二十歳の時、幕府の蔵刀及び刀剣書の調査を命じられた父に従って江戸に出、名刀の数々を熟覧し、江戸の刀工等とも交流して作刀の奥深さを知り、さらなる研究の基礎とした。澄明な地鉄に丁子乱刃の冴えた作風を完成させた壽實は、丁子乱刃の構成を突き詰め、時に富士山を象った刃文を焼くなど、創作意欲と非凡な技術を持った優工でもあった。
銘 眠龍子寿実 文化九年二月日
銘 眠龍子寿実 文化九年二月日