千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 濃州関住兼定作(之定初期銘)

室町時代後期

文明

美濃国

Kanesada

 最上大業物に列せられる切れ味で遍く知られる兼定は、美濃国のみならず室町時代中後期の刀工を代表する同時代最大の技術者。明応九年八月紀の作から、定の銘字を草体の定に改めており、これ以前の真字を用いている作を疋定と呼び慣わしている。
 この脇差は、「文明四年八月日」紀の兼定最初期の銘に似ており、兼定研究の上でも貴重な資料と言い得る作。
銘 濃州関住兼定作(之定初期銘)
銘 濃州関住兼定作(之定初期銘)