千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

短刀

銘 源貞弘 昭和庚申年仲春

昭和

昭和五十五年

奈良県

Sadahiro

 喜多貞弘は昭和十四年に入門した月山貞勝の高弟。師の作刀を援け、戦後は貞勝の子で、人間国宝として海外にもその名の知られた貞一を支えて鎚を振るったため自作は極めて少ない。
 この短刀は、室町後期の明応頃の備前長船勝光を想わせる両刃造。備前の両刃造に相州伝の沸が昂然と輝く美観はまさに貞弘刀匠の独創。
銘 源貞弘 昭和庚申年仲春
銘 源貞弘 昭和庚申年仲春