千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

銘 清水甚之進信高 享和二年八月日

江戸時代後期

享和

尾張国

Nobutaka

 清水甚之進信高(しみずじんのしんのぶたか)は尚武の氣風の強い尾張武士の需に応えて鎚音を響かせた刀鍛冶。慶長以来、連綿と続いた伯耆守信高家の八代目で、松平定信による寛政の改革で文武が奨励された、江戸後期寛政頃に活躍した優工である。
銘 清水甚之進信高 享和二年八月日
銘 清水甚之進信高 享和二年八月日