千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

銘 武州住正重

桃山時代

天正頃

武蔵国

Masashige

 八王子の下恩方村の浄福寺城は、関東管領上杉氏や北条氏に仕えた大石氏の居城で、城下の下原には相州鍛冶の流れを汲む照重や康重などが居住し、大石氏や北条氏のために鎚を振るっていた。
この短刀は、照重の子源八郎正重の精鍛作で。銘字の「武」の第五画六画がレ形となり古刀期の下原鍛冶の特色が顕著。
銘 武州住正重
銘 武州住正重