top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

短刀

銘 広正

室町時代後期

(永正頃)

相模国

Hiromasa

 享徳三年に鎌倉公方足利成氏が父持氏の敵上杉憲忠を討った享徳の大乱によって関東は戦国時代に突入した。太田道灌や長尾景春、伊勢新九郎などが躍動した当時、相州鍛冶の伝統を担ったのは綱広、広次、広正など広の字を通名とする刀工で、東国武士の武功を支えた。永正頃の相州広正作のこの短刀は、身幅尋常に重ねが薄く、格調高い真の棟に仕立てられ、反り殆ど無く、繊細鋭利な鑚使いで刻された梵字と護摩箸の彫が映えた一口。
銘 広正
youtube_rogo.png
銘 広正
bottom of page