千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 尾崎源五右衛門助隆 寛政七年二月日

江戸時代後期

寛政

摂津国

Suketaka

 江戸時代中後期の濤瀾乱刃を得意とした刀工では、江戸の水心子正秀と摂津国の尾崎助隆が双璧と謳われている。助隆は宝暦三年播磨の生まれ。同郷の黒田鷹諶を頼って大坂に出、その門人となり師に優る技量を示して人気を博したのみならず、水戸の市毛徳隣や直江助政など多くの門人を育てている。寛政十年長門守を受領。
銘 尾崎源五右衛門助隆 寛政七年二月日
銘 尾崎源五右衛門助隆 寛政七年二月日