千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

銘 宇多平国

室町時代後期

明応頃

越中国

Hirakuni

 宇多平国は室町中期の明応、文亀頃の越中国の刀工。畠山家の武士のために鍛刀したのが宇多国宗や平国。戦国期の宇多物は「肌は荒く板目肌立ち、特に地色が黒く」(『日本刀大鑑』)とされるが、一方で「地板目流美し」と評される長享元年紀の宇多国宗の平造刀(藤代義雄『名刀図鑑』)のような優品も多いことから、近年、宇多派の刀の優秀さが再認識されている。
銘 宇多平国
銘 宇多平国