千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 国次(簀戸 初代)

室町時代中期

文明

紀伊国

Kunitsugu (Sudo, the first generation)

 広大な荘園を有した紀州粉河寺は、僧兵を擁して戦国武将畠山氏の圧力にも屈せずに強い存在感を示した古刹。國次は同寺に仕えた刀工で、相模国に修業し、強靭な地鉄に沸出来の直刃や乱刃の作を手掛けた。初代は寛正から明應の工で、国構えの中を※形に刻した様子が簀戸に似ることから古来「簀戸國次」と称されて賞玩厚い。ところが、初代の遺作は極めて少ない。
銘 国次(簀戸 初代)
銘 国次(簀戸 初代)