千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

銘 卍正次

明治

明治

東京

Masatsugu

 卍正次(まんじまさつぐ)は、慶応四年四月に、固山宗次門の田中青竜斎正久の次男として江戸新宿に生まれた。包丁製造業桜井安五郎の養子となり、十代前半から泰龍斎宗寛の子泰龍子寛次に就いて修業。明治二十八年岡倉天心の東京美術学校鍛金科設置に尽力し、東京赤坂離宮での正倉院宝物の整理と修理事業にも携わって正倉院宝刀を精査し、これらの古作を手本とした直刀を遺している。
銘 卍正次
銘 卍正次