千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 助政造(直江)

江戸時代後期

文化

常陸国

Sukemasa

 直江助政は、越後の上杉景勝に仕えた戦国武将直江兼続の末流と伝え、茨城郡常盤村神崎に生まれる。長じて鍛冶となり大坂の尾崎助隆に作刀を学び、さらに江戸では水心子正秀の門を叩き、両師共に突き詰めた大坂新刀を範とする清新な鍛えと沸匂深い焼き入れ技術を吸収習得、帰郷後の文化六年には水戸藩工として抱えられている。
銘 助政造(直江)
銘 助政造(直江)