千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

短刀

銘 兼貞 天文八年二月日

室町時代後期

天文

美濃国

Kanesada

 兼貞は山城国達磨正光の末孫で、室町中期の文明頃、美濃国蜂屋に移住したことから蜂屋関の呼称がある。通常みる永正、大永の三代と、天文年紀のある四代の作は、いずれも詰み澄んだ地鉄に直刃や乱刃の冴えた出来であり、技量高く知名度は高いが年紀作は極めて少ない。
銘 兼貞 天文八年二月日
銘 兼貞 天文八年二月日