千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 兼永(関)

桃山時代

文禄

美濃国

Kanenaga (Seki)

 新古境を活躍期とする美濃の兼永の作。身幅広く鋒延び、棟を削いで鎬高く仕立てた造り込み。鎬地は柾目が強く横手下辺りの一部に鍛え疵が現われ、平地も所々に小疵があるものの杢目を交えた板目鍛肌詰み、関映りが現われて凄みがある。帽子は典型的な地蔵に乱れて返る。
銘 兼永(関)
銘 兼永(関)