千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

銘 兼定

室町時代後期

天文

美濃国

Kanesada

 美濃兼定といえば、細川三斎の歌仙拵に収められている刀の作者で、ウ冠の下を之に刻し、和泉守を受領した之定が著名。美しい地刃には高い精神性すら宿り、刃味も優れ、戦国武将の篤い信頼を得た。その後は、子で定を「疋」に刻した天文の兼定が、孫六兼元と並ぶ濃州刀工の金看板を継承して鎚を振るっている。
銘 兼定
銘 兼定