千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

銘 備州長舩則(以下切 則光) 文正元年八月

室町時代中期

文正

備前国

Norimitsu

 五郎左衛門尉則光は応永備前の盛光、康光などの作風を受け継ぎ、寛正年間を中心に永享から康正にかけて活躍し、この時代に名品を製作したことから「寛正則光」の異名で刀史に輝く名工。長い作刀生涯から応仁の乱にも際会し、戦乱や飢饉で揺れる時代においても迷いなく鎚を振るい、映り立つ地鉄に直刃や乱刃の冴えた優品の数々を手掛けた。
銘 備州長舩則(以下切 則光) 文正元年八月
銘 備州長舩則(以下切 則光) 文正元年八月