top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

脇差

銘 備中守橘康広 (菊紋)

江戸時代前期

寛文

摂津国

Yasuhiro

 康廣など鎌倉時代の一文字派の流れを汲む石堂派の刀工は、室町期に失われてしまった感のある往昔の互の目丁子の刃文の再現に挑んで見事に地映りまでも表現するに至っており、その技術力と高い切れ味によって大いに栄えた。中でも康広は紀伊国より移住したことから紀州石堂あるいは大坂石堂と呼ばれており、焼頭が揃って足の長い丁子出来を専らとして人気が高い。
銘 備中守橘康広 (菊紋)
youtube_rogo.png
銘 備中守橘康広 (菊紋)
bottom of page