千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 備中国砦部住大月三郎左兵衛尉国重作(古水田)

桃山時代

文禄頃

備中国

Kunishige

 大月三郎左兵衛尉国重は備後国辰房派の流れを汲む左衛門尉国重の子。備中松山に居住し、永禄十一年に毛利元就に抱えられて安芸国郡山城下に鍛冶場を構えている。その後天正二年に砦部(あざえ)に移り住み、水田鍛冶の基盤を成した良工。
銘 備中国砦部住大月三郎左兵衛尉国重作(古水田)
銘 備中国砦部住大月三郎左兵衛尉国重作(古水田)