千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 備中国水田住国重作

江戸時代初期

寛永

備中国

Kunishige

 国重の工銘で名高い備中国水田鍛冶は、隣国備後尾道より備中松山城主三村家親に招かれた大月三郎左衛門尉国重、あるいは毛利元就に抱えられて芸州郡山城下にて打った大月左兵衛尉国重等が、呰部、水田、荏原を発祥の地として戦国期に活躍し、江戸時代に至っては更に沸を強調した大月与五郎(大与五)国重等が出現するなど大いに栄えた。
銘 備中国水田住国重作
銘 備中国水田住国重作