top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

太刀

銘 備中国住(以下切)左兵衛尉直次

南北朝時代

(建武頃)

備中国

Naotsugu

 磨り上げによって「備中国住」のみが残されている、佐藤寒山博士が鎌倉末期元徳から南北朝初期の青江直次と鑑定して鞘書された太刀。青江は高梁川下流域の子位荘青江郷。鎌倉初期、この地に居住した貞次や恒次は、高梁川上流域で産した良鋼を以て名刀を打ち、後鳥羽上皇の御番鍛冶として向鎚を勤めた。直次はその末裔で左兵衛尉を任官した名手。
銘 備中国住(以下切)左兵衛尉直次
youtube_rogo.png
銘 備中国住(以下切)左兵衛尉直次
bottom of page