千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 信濃守藤原大道(初代)

江戸時代初期

寛永末頃

美濃国

Daido (the founder)

 大道銘を用いた最初の刀工は、永禄十二年正親町帝に自作の剣を献上し、帝から陸奥守と「大」の一字を賜った兼道である。この快挙に他工も続き、受領して大道を名乗る刀工が同時期に鎚を振るった。その一人が信濃守大道。寛永十八年紀の作がある信濃守大道は、関ケ原を去る遠からぬ時期に雄刀を打ち、武士の需に応えた。
銘 信濃守藤原大道(初代)
銘 信濃守藤原大道(初代)