千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

短刀

藍鮫皮包柄鞘合口短刀拵 短刀 無銘 島田義助

室町時代後期

弘治頃

駿河国

Yoshisuke

 頑強な造り込みながら、透彫と毛彫で雪華文を施して洒落た風情を漂わせる拵。柄と鞘の総体を藍鮫皮で包み、銀地金具で総覆輪としている。見どころは、下緒を通す環が設けられた腰元の胴金で、梅樹図小柄と割笄を収める部分に雪の結晶を透彫にし、縁金具にも浅い鋤彫で雪の結晶を散らしている。
 収められている短刀は、駿河国島田に鍛冶場を設け、今川家、武田家、北条家などの武家の信頼を得て栄えた義助と極められた作。
藍鮫皮包柄鞘合口短刀拵 短刀 無銘 島田義助
藍鮫皮包柄鞘合口短刀拵 短刀 無銘 島田義助