千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

薙刀

薙刀 銘 兼宣

室町時代後期

明徳頃

美濃国

Kanenobu

 兼宣家は室町初期の美濃刀工兼弘(法名徳永)の子又四郎兼宣に始まる。平賀に住し、志津兼氏に似ると評された変化のある互の目乱刃を焼き、文明から永正、大永、天文、天正、慶長と代を重ね、主要な家筋の一つとして関鍛冶を統べている。
薙刀 銘 兼宣
薙刀 銘 兼宣