千里眼.png

茶石目地瑞雲文塗鞘脇差拵

江戸時代後期

-

-

Cha ishime-ji nuri zui-un mon nuri saya, wakizashi koshirae

検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya

 薙刀を小脇差に仕立て直したような造り込みは、身幅広く先反りが付いて元重ねが厚く、強固な印象があり、操作性においても優れているために戦国時代末期から江戸時代初期にかけて大いに盛行した。この拵のツナギがその典型で、拵もまた武骨な印象がある。鞘は黒漆塗の上に茶の石目地で瑞雲文を施し、鐺に鉄地金具を備えて切先の保護とした頑丈な造り込み。
茶石目地瑞雲文塗鞘脇差拵

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード