top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

磨上無銘 平高田

室町時代後期

-

豊後国

Taira Takada

 平高田とは、古刀期の豊後国高田鍛冶の作のことで、江戸時代のそれとは風合いを異にすることから呼び分けられ、備前物にも紛れる古風な地鉄と焼刃の出来から高い評価を得ている。
 二寸五分程磨上げられ樋を掻いて手持ち良く仕立て直された本刀も、腰の開いた互の目乱を基本として小丁子が複合し、焼頭には尖りごころがあり、備前祐定の蟹の爪を思わせる。
磨上無銘 平高田
youtube_rogo.png
磨上無銘 平高田
bottom of page