千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

太刀

生ぶ茎無銘 小反り

南北朝時代

南北朝後期

備前国

Kozori

 延文、貞治を盛期とする所謂相伝備前の作風は次第に衰微し、代わって一時代遡ったような反りの高い立ち姿に小模様の刃文を焼く小反り刃が南北朝後期に躍進を遂げている。本作はその典型作。八分半の深い反りに小模様の小互の目丁子乱刃を焼く。代表工は「秀光」「成家」など。
生ぶ茎無銘 小反り
生ぶ茎無銘 小反り