千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

生ぶ茎無銘 二王清永

室町時代初期

応永

周防国

Kiyonaga

 二王鍛冶の名称は、仁王堂が火災に遭遇した際、この派の鍛冶が製作した太刀で仁王堂の鎖を断ち斬り、堂内から仁王像を助け出した伝聞によるという。鉄鎖に対する堅牢さと截断能力を称賛する名称として二王鍛冶の末流は江戸末期まで栄えている。中でも応永を活躍期とする清永は、彫刻技術にも優れていた鍛冶である。
生ぶ茎無銘 二王清永
生ぶ茎無銘 二王清永